バンダイは8月3日、20-40代の男性をターゲットとした大型組み立てキット「HYPER HYBRID MODEL(ハイパー ハイブリッド モデル) 1/12 RX-78-2 GUNDAM」を12月16日に発売すると発表した。全国のホビーショップとインターネット通販で販売する予定。価格は35万円。

 アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する主役モビルスーツ「RX-78-2 GUNDAM」を12分の1のスケールで再現した。全高が約1.5mの大型組み立てキット。可動部分の内部に金属パーツが入っており、頭、腰、肩、ヒジ、手首、指関節など全身14か所が動く。ガンダム頭部の発光ギミックや機動音などの各種効果音も内蔵。専用の赤外線リモコンでバルカン砲内部や目の部分など数か所を点灯・点滅させたり、劇中で使われた効果音を鳴らして楽しめる。

 サイズは、全高約150×幅約90×奥行約55cm(ライフル、シールド装着直立時)、総重量は約35kg。本体は単3電池4個を使用、リモコンは単4電池2個を使用する。総部品点数は約260点で、ブロックごとに分割されているため、各設定の色を成形色でほぼ再現した。組み立ては接着剤を使わず、ボルトやナットを使用し、4時間程度で完了するという。プラモデルとほぼ同素材を使用しているため、同様な着色や改造加工もできる。

 「ハイパー ハイブリッド モデル」は、テクニカルブロー成形などの技術を複合させた精巧で大型の組み立てキットシリーズ。01年12月に、キャラクターモデル第1弾として敵方モビルスーツの「ZAKU(ザク)II」を発売。20万7900円と高価格帯ながら約1500体も売れ、話題になった。その後、同スケールの武器などのアイテムや1/24スケールのガンダムなどを販売してきたが、今回第2弾として、ユーザーから要望の高かった「RX-78-2 GUNDAM」を製品化した。同社によると、「RX-78-2 GUNDAM」のキャラクター商品としては最大サイズとなるという。

 第1弾の発売から5年も間が空いたことについて、バンダイ代表取締役社長兼チーフ・ガンダム・オフィサーの上野和典氏は、「ガンダムの形状はザクに比べて直線的で角の多いデザイン。そのため、テクニカルブロー成形において高度な技術が必要で、開発時間が長くかかった」と説明している。なお、8月19日・20日に幕張メッセで開催される「C3×HOBBY キャラホビ2006」で先行展示を行う。