ロジテック(葉田順治社長)は8月2日、外付けブルーレイディスク(BD)ドライブ「LBD?A2FU2/WM」と「LBD?A2U2」を8月中旬に発売すると発表した。価格は「LBD?A2FU2/WM」が13万8600円、「LBD?A2U2」が12万1800円。

 「LBD?A2FU2/WM」は、インターフェイスにUSB2.0とIEEE1394(FireWire)を搭載し、WindowsとMacintoshで利用できる上位モデル。「LBD?A2U2」は、USB2.0接続のみのWindows専用モデル。

 書き込み速度はBD-R、BD-RE(片面1層/2層)が2倍速、DVD±R DLが4倍速、DVD-RAMが5倍速、DVD-RW/-ROMが6倍速、DVD±R/+RWが8倍速。CD-RWが16倍速、CD-Rが24倍速、CD-ROMが最大32倍速。

 きょう体はファンレス構造に加え、フロント部シャッターでメディアの回転による風切り音を低減させることで、静音性を高めた。PCの電源やスリープモードに対応して本体の電源がオン/オフする「PC電源連動機能搭載」も装備する。本体背面には電源ケーブルの抜け防止用フックを装備した。

 サイバーリンクのWindows用ライティングソフトが付属。「LBD?A2FU2/WM」にはソニックソルーションズのMacintosh用ライティングソフト「Roxio Toast 7 Titanium for Blu-ray Data」が付く。