松下電器産業は、64MBのmicroSDカード「RP-SM064BJ1K」を9月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2500円前後。

 著作権保護機能(CPRM)に対応し、著作権保護された各種コンテンツの記録・再生が行える。miniSDやSD対応機器でも使えるよう、それぞれのスロットに応じたカードアダプタ2種も同梱した。

 microSDカードは、大きさがSDカードの約10分の1で、miniSDカードよりさらに小型・軽量なメモリカード。現在、一部の携帯電話メーカーが携帯電話の外部メモリカードとして採用している。

 超小型のため、子どもが誤って飲んだり、紛失したりする恐れもあることから、「RP-SM064BJ1K」では、健康には影響のない成分を用いた苦味剤を塗布し、誤飲防止に配慮。また、SDカードサイズまで収納可能な専用収納ケースを付属する。