ヤフー(井上雅博社長)とアルプス社(池上充宏最高執行責任者)は、8月1日から「Yahoo!地図情報」の地図データの日次更新を行うと発表した。地図データの日次更新は日本では初となる。

 「Yahoo!地図情報」はアルプス社が独自に収集し、定期的に更新している地図データを使用したインターネット地図サイト。

 同サイトでは情報更新のため、05年9月28日に地図情報投稿サイト「みんなでつくろう“Yahoo!地図情報”」を開設。投稿された地図情報の中で正しい情報だけを「Yahoo!地図情報」に反映してきた。05年12月15日には定期的な情報更新として週次でデータの更新を開始。今回の日次は更新頻度を早めた。

 投稿サイト「みんなでつくろう“Yahoo!地図情報”」では、ユーザーが投稿した情報を即座にアイコン表示する。ユーザーは地図を動かしながら別のユーザーが投稿した情報を閲覧することができる。投稿情報が正しい時は○投票、間違っている場合は修正をすることが可能。自由にコメントを書き込むこともできる。2社は正確な情報と判断した投稿情報のみを投稿から最短3日で「Yahoo!地図情報」に反映するとしている。