ノバテック(佐治一路社長)は8月1日、米・ワールドゲート・コミュニケーションズ(ハル・クリスバーグ会長兼CEO)の小型の卓上テレビ電話「Ojo(オジョ)」を8月末に発売すると発表した。価格は未定。

 ノバテック(佐治一路社長)は8月1日、米・ワールドゲート・コミュニケーションズ(ハル・クリスバーグ会長兼CEO)の小型の卓上テレビ電話「Ojo(オジョ)」を8月末に発売すると発表した。価格は未定。

 「Ojo」はブロードバンド・インターネットに接続するだけで、動画と音声の双方向通信ができる卓上テレビ電話。PCとの接続が不要で、テレビ電話を利用するためにPCを立ち上げなくて済む。ラインアップは、コードレス電話が付属する上位モデルの「PVP?1000」とエントリーモデルの「PVP?900」の2機種。カラーは「PVP?1000」がシルバー、「PVP?900」がブラック。

 画面サイズが7インチで縦長の液晶パネルとカメラ、全二重スピーカーフォンを採用。電話帳、プライバシー保護用の音声・映像の切り替えスイッチなども搭載した。インターネット電話用プロトコル「SIP」に対応し、音声/映像の圧縮には最新方式の「H.264」を使用することで、100Kbpsという狭い帯域でも高品質で映像通話ができる。