デル(ジム・メリット社長)は7月31日、インテルの最新デュアルコアCPUに対応したデスクトップ型ワークステーション「Dell Precision 390」を発売したと発表した。同社オンラインショップなどで販売する。

 インテルの「Core 2 Duo」「Core 2 Extreme」を搭載可能で、HTテクノロジー Pentium4も選べる。シャーシデザインを見直し、縦置き、横置きに対応可能にしたほか、通気孔の拡大や、HDDドライブの3、4台目搭載時の冷却ファン装備するなど静音性と排熱効率も強化した。

 グラフィックボードは、3D処理に優れたエヌビディアの「NVIDIA Quadro FX 4500」や「NVIDIA Quadro FX550」、ATIの「ATI FireGL V3400」などから選択可能。デルでは動編集や3Dグラフィックス作成などでの利用を見込んでいる。

 CPUが「HTテクノロジー Pentium4 631(3.0GHz)」、HDD80GB、メモリ1GB、グラフィックボードに「NVIDIA Quadro NVS 285 128MB」などの基本構成で価格は16万5375円からとなっている。