MCJ(浅貝武司社長)は、インテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo」とチップセット「インテル P965 Expressチップセット」など最新の半導体を採用したデスクトップPC2機種を発売する。すでに同社の直販サイトなどで受注を開始、8月5日から出荷を開始する。

 ラインナップは、エントリーモデル「MDV-ADVANCE 4540ST」とパフォーマンスモデル「MDV-ADVANCE 9400ST」の2機種。いずれもOSなしの廉価モデルを用意する。BTOに対応し、メモリ、HDD、ビデオカードなどのカスタマイズが可能。

 「MDV-ADVANCE 4540ST」は、CPUが「Core 2 Duo E6300(1.86GHz)」、メモリ1GB、HDD160GB、グラフィックボードにエヌビディアの「nVIDIA GeForce7600GSビデオグラフィックス」、2層書き込み対応16倍速DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows XP HomeEdition SP2を搭載。価格は10万2480円。同じ仕様でOSなしの「MDV-ADVANCE 4540ST-N」は8万9880円。

 「MDV-ADVANCE 9400ST」は2つのコアが共有する4MBのL2キャッシュを搭載したCPU「Core 2 Duo E6600(2.4GHz)」、メモリ1GB、HDD250GB、グラフィックボードに「nVIDIA GeForce 7600GTビデオグラフィックス」、2層書き込み対応16倍速DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows XP HomeEdition SP2を搭載し、価格が13万2300円。同じ仕様でOSなしの「MDV-ADVANCE 9400ST-N」は11万9700円。

 2機種とも、冷却性能に優れた10ベイATXタワー型ケースを採用。DVDドライブの追加、HDDやキャプチャーカードの増設などにも対応する。本体サイズは幅190×奥行き480×高さ415mm。