ソニーとソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは7月31日、業界初で16:9のフルワイド表示対応の携帯電話用液晶ディスプレイモジュールを開発したと発表した。

 ソニーとソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは7月31日、業界初で16:9のフルワイド表示対応の携帯電話用液晶ディスプレイモジュールを開発したと発表した。


 液晶駆動回路や電源などの各種周辺回路をガラス基板上に一体形成したディスプレイパネルで、画面サイズは2.74型。視野角は160度以上、画素数は240×432画素。240×320画素のQVGA液晶ディスプレイに比べ、表示情報量が35%増加した。携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」などの16:9の画面をフルサイズで表示できる。

 画像処理回路は、ソニーとソニー・エリクソンが共同開発した「RealityMAX(リアリティーマックス)」を搭載。画像を自動的に分析し明るさとコントラストを向上させる技術と画像の鮮鋭度を自動補正する輪郭強調技術をもっており、シャープで鮮やかな画像が表示できるという。

 ソニーが液晶ディスプレイモジュールとしての商品化を進める一方で、ソニー・エリクソンではモジュールを搭載した携帯電話端末の開発し、早期の商品化を目指す。