産学共同システム研究所(白井達郎代表取締役)とニューテック(笠原康人社長)は7月27日、スクールビジネス分野で協業したと発表した。その第1弾として大学・研究室向けにストレージソリューションを提供する。

 今回提供するストレージソリューションは、ニューテックの暗号化機能付きミラーリングディスクシステム「SecureRAID(セキュア・レイド)」を使用して、学生の個人情報の管理をするもの。「SecureRAID」は、米国商務省認定の標準暗号で、日本でも電子政府推奨暗号とされるAESがハードウェアに組み込まれ、PKI(公開鍵基盤)方式を用いたUSBキーによるユーザー認証と組み合わせることで高度なセキュリティを実現する。

 両社は、大学・研究室向けに特化したストレージソリューションを提案することで、今後1年間で1億円の売上を目指す。