イーフロンティア(安藤健一社長)は、ウイルス、不正アクセス、スパイウェア、フィッシング詐欺などの脅威からコンピュータを守るトータルセキュリティソフト「ウイルスキラー2006」の複数ライセンス版を9月1日に発売する。価格は5ユーザー用パックが6500円、10ユーザー用パックが1万2600円。

 簡単な操作と軽快な動作でウイルスを検出、駆除する「アンチウイルス」、コンピュータへの不正アクセスによる侵入、トロイの木馬による意図しないネットワークへの不正なアクセスをリアルタイムで監視する「ファイアウォール」、スパイウェアやフィッシング詐欺などの主な感染経路でもあるウェブ上の脅威を徹底してブロックする「ウイルスキラーツールバー」といった機能を搭載する。

 ユーザー登録完了後、2年間のアップデートサービスも提供する。期間内であれば、次期バージョンが発売されても無料でバージョンアップが可能。対応OSはWindows XP/2000/Me/98SE/98。