パイオニアは、DJ&VJ用DVD/CDプレーヤー「DVJ-1000」を9月上旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は26万円前後の見込み。<br />


 パイオニアは、DJ&VJ用DVD/CDプレーヤー「DVJ-1000」を9月上旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は26万円前後の見込み。

 「DVJ-1000」は、CD(音声)に加え、DVD(音声+映像)を使ったパフォーマンスにも利用できるのが特徴。音楽CD、CD-R、CD-RW、DVDビデオ、DVD-R、DVD-RWディスクの再生に対応する。スクラッチやさまざまなループ、ホットキュー、リバースなど、音声だけでなく映像を含むパフォーマンスがDVDで可能になった。これまで音声だけを操っていたDJが映像も同時に、映像だけを操っていたVJが音声も同時に表現することができる。

 さらに、多くのDJが慣れ親しんでいる同社のDJ用CDプレーヤー「CDJ-1000」シリーズのDJ機能をより充実させ、CD-R/RWのほか、DVD-R/RWに収録されたMP3ファイルの再生にも対応する。DVD-R/RWは、約1200曲のMP3ファイルを収録できるほか、高ビットレートによる高音質での収録も可能。

 また、MP3ファイルのフォルダー名や楽曲名を手持ちのモニター画面で確認できる「MP3ナビゲーター」、ビッグジョグダイヤルを回す際、その回転角度に対する音声の変化量が4倍になる「ハイパージョグモード」、同社高級DVDプレーヤーと同等のDAコンバーターを新たに搭載した。

 VJ機能も強化し、指定したポイント間の再生と逆再生を交互に繰り返しながらループする「バックアンドフォースループ」は、音声だけでなく途切れることのない連続した自然な映像をも演出する。

 本体サイズは幅320×奥行き408×高さ109mm、重さは5.4kg。「CDJ-1000」シリーズとほぼ同等サイズで、「CDJ-1000」シリーズからの置き換えに適している。映像出力はS1/S2 1系統、コンポジット2系統、プレビュー2系統、音声出力はデジタル同軸1系統、アナログ2ch 1系統を装備。