ウィルコム(八剱洋一郎社長)とウィルコム沖縄(仲里朝勝社長)は7月21日、「Microsoft Exchange Server 2003」を基盤とした、ASPサービス「Access P-BERRY(アクセス ピーベリー)」を8月1日に開始すると発表した。

 ウィルコム(八剱洋一郎社長)とウィルコム沖縄(仲里朝勝社長)は7月21日、「Microsoft Exchange Server 2003」を基盤とした、ASPサービス「Access P-BERRY(アクセス ピーベリー)」を8月1日に開始すると発表した。

 「Access P-BERRY」は、「Microsoft Exchange Server 2003」をホスティング環境で提供し、モバイル端末からのグループウェアへのアクセスを可能にするリモートアクセスASPサービス。

 自社でサーバーを持たない企業でも、複雑な設定をすることなく簡易な手続きでグループウェアへのモバイルアクセスができる。これにより、ウィルコム端末を利用した外出先からの電子メールやスケジュールの確認などが容易になる。

 「W-ZERO3」などのフルブラウザ対応端末またはAIR-EDGEカードを利用することで、電子メールの参照や作成、フォルダ階層へのアクセスなどが可能。また、ユーザー検索や予定表の参照、作成、削除、会議開催への返答などができる。

 月額利用料は1ID・メール容量100MBで1575円。最低5ID以上の申し込みが必要で、実際の利用が5IDに満たない場合でも5ID分の月額料7875円がかかる。申し込みは、専用申込書にて郵送で行う。