バイ・デザイン(飯塚克美社長)は、ハイビジョン対応液晶パネルを採用した27V型液晶テレビ「LW-2700AR」と32V型液晶テレビ「LW-3200AR」をWeb限定で7月21日に発売した。価格は、「LW-2700AR」が7万9800円、「LW-3200AR」が9万9800円。

 バイ・デザイン(飯塚克美社長)は、ハイビジョン対応液晶パネルを採用した27V型液晶テレビ「LW-2700AR」と32V型液晶テレビ「LW-3200AR」をWeb限定で7月21日に発売した。価格は、「LW-2700AR」が7万9800円、「LW-3200AR」が9万9800円。

 2機種とも、ハイビジョン対応液晶パネル、HDMI端子、地上/BSアナログチューナーを搭載。D4端子に市販の外部チューナーを接続すれば、地上デジタル放送やBS・110度CSデジタル放送を、ハイビジョン画質で視聴することができる。そのほか、コンポジット入力やSビデオ入力、RGB入力端子を装備する。

 画素変換部には、米ジェネシスマイクロチップ社製の高画質化回路ファーロジャー「DCDi」を採用、ジャギー(斜め線のギザギザ)を低減した。デザインは省スペースなアンダースピーカータイプで、着脱対応の2ウェイスピーカーを搭載している。本体カラーはブラック。

 27V型の「LW-2700AR」は、解像度1280×720画素、コントラスト比900:1、輝度550cd/m2、視野角は上下左右176度、応答速度8ms。スタンドを含む本体サイズは幅700×高さ582×奥行き230mm、重さ19kg。

 32V型の「LW-3200AR」は、解像度1366×768画素、コントラスト比1000:1、輝度420cd/m2、視野角は上下左右176度、応答速度8ms。スタンドを含む本体サイズは幅820×高さ658×奥行き260mm、重さ23kg。