NTTデータ(浜口友一社長)は7月19日、子どもを守る情報共有の新しい仕組み「FairCast(フェアキャスト)-子ども安全連絡網」のサービスを全国で開始すると発表した。まず全国の小中学校や子ども関連施設を対象に、延べ1万5000世帯を対象にサービスを開始。3年後に100万世帯の加入を目指す。

 「FairCast」は、従来の電話連絡網に代わって、電子メールや音声を使う固定・携帯電話、FAXによって、すべての保護者、教職員、自治会などに対して、正確・迅速・公平に一斉連絡する仕組み。「メールを持たない保護者にも分け隔てなく届けたい」「肝心な時に連絡が正確に伝わらないのでは緊急連絡としての役割を果たさない」など、小学生の子を持つ母親社員の発案をもとに、社内の新規ビジネス支援ファンドを活用して実現した。「正確な情報を、迅速かつ公平に伝達する」ことで、子どもたちの安全と保護者の安心をITでサポートする「新しい時代のセーフティウェア」を目指す。

 サービスでは、送信者は、電子メールや音声を使う固定・携帯電話、FAX連絡先のすべてに対して、簡単な操作で一斉連絡を行える。さらに、連絡が届いたかどうかをPC上ですぐに確認することもできる。通常時は、複数登録されている連絡先のいずれか1つに対して一斉連絡を行い、緊急時には、送達確認が返ってこない連絡先に対して、第1連絡先から第3連絡先まで「追いかけ連絡」も行う。受信者は、自分が受け取りたい連絡先を自由に設定できる。

 利用にあたっては、1世帯につき1つのIDを取得し、「月額利用料方式」と「年間パスポート方式」の2通りから選択。料金は、「月額利用料方式」の初期費用が1IDにつき105円。月2回の通信料の「エントリープラン」が1IDにつき月額42円、月6回の通信料の「ベーシックプラン」が1IDにつき月額73.5円。「年間パスポート方式」は1IDにつき年額630円。利用料には、各メディアに対する通信料も含まれる。