カシオ計算機は7月18日、CD-RやDVD-Rにタイトルを直接印刷できるディスクタイトルプリンター「CW-E60」「CW-K80」を8月25日に発売すると発表した。価格は「CW-E60」が1万290円、「CW-K80」が1万4700円。

 本体の溝にディスクをセットするだけで印刷できるシンプルな機構を採用。前面に出るトレイをなくすことで、省スペース化とトレイの開閉操作を不要にした。Windows版「iTunes」から曲の情報を取り込み、曲名などをワンタッチで印刷することもできる。

 「CW-E60」は、サイズが幅154×奥行き126×高さ68mmで、従来機「CW-50」の使用時面積から約60%減の省スペース設計を施したPC接続専用モデル。TrueTypeフォントや画像データを使って、自在なレイアウトでタイトル印刷ができる。

 一方、「CW-K80」は、従来機「CW-70」の使用時面積から約30%の省スペース化したキーボード一体型モデル。サイズは幅204×奥行き183×高さ68.8mm。書体7種類、定型フォーマット29種類を本体に内蔵しており、PCとの接続なしで、タイトル入力からディスク印刷までが行える。PCと接続すれば、「CW-E60」と同様、TrueTypeフォントや画像を使ったタイトル作成が可能。電源は単3形アルカリ乾電池8本。