ソリッドアライアンスは7月18日、本体中央の自爆スイッチを押すと“ドカーン”と音が鳴る4ポートのUSBハブ「音入り自爆ボタンDX・USB2.0ハブ」を発売した。同社のウェブ通販サイトで販売し、7月26日から出荷開始する。価格は5250円。

 ソリッドアライアンスは7月18日、本体中央の自爆スイッチを押すと“ドカーン”と音が鳴る4ポートのUSBハブ「音入り自爆ボタンDX・USB2.0ハブ」を発売した。同社のウェブ通販サイトで販売し、7月26日から出荷開始する。価格は5250円。

 05年7月にザリガニワークスがライブドアとの共同開発を発表したが、複雑な経過の果てに開発が中止された「音入り自爆ボタンDX」をもとに製品化した。第1弾モデルはライブドアデパートで実際に販売され、好評を得たが、第2弾は幻のままとなっていた。今回、復刻に際し、日常的に使えるよう背面に4ポートのUSBハブを装備した。

 自爆音は、右上のスイッチ、右下のスイッチ、キースイッチを順番に操作しないと出力されず、3つのスイッチの電源を入れると「メイン」ランプが点灯するというこだわりの仕様。USBバスパワーで駆動し、USBハブの機能は自爆ボタンの操作に関わらず常時使用できる。本体サイズは幅100×高さ67×奥行き76mm、重さは215g。