ソフトバンクBB(孫正義代表)は7月14日、総務省関東総合通信局から実験用高速電力線搬送通信(PLC)設備の設置許可を獲得したと発表した。これを受け、10月31日までの約3か月間、同社本社内に実験設備を設置し、光ファイバー並の高速通信が可能となる高速PLC(2MHz?30MHz)を使用した際の漏えい電界(ノイズ)強度の低減技術について実証実験を行う。

 PLCは、家庭やビルの電力線を通信回線として使用する通信技術。家電やPCなどの通信機器をコンセントにつなぐだけで簡単にインターネット通信ができるため、新たな通信線の施設工事を行う必要がなく、安価な費用で接続環境を導入することができる。

 実験では、従来の低周波帯(10kHz?450kHz)を利用する低速PLCではなく、より高速な通信が期待できる高速PLC(2MHz?30MHz)を利用。電力線を流れる高周波電流によって、アマチュア無線や短波放送に影響を与えるノイズが発生する恐れがある高速PLCに関して、電力線からの放射ノイズを低減するコイルを組み込んだ装置の低減効果と、電力線に導電性テープを被覆することによる放射ノイズの低減効果の確認を行う。

 ソフトバンクBBでは、以前から高速PLCについて調査・研究を進めてきた。高速PLCが実用化されれば、マンションや一戸建てなど一般的な家屋のほとんどの部屋で、電源コンセントを使ってブロードバンド環境を手軽に導入できるようになる。今後は、同実証実験を通じて、有効性が確認されたノイズの低減技術の実用性・利便性をさらに高めていく方針。