シリアルゲームズ(吉澤匡代表取締役)は7月14日、FlashムービーファイルをPC用のスクリーンセーバーに変換するツール「fla:ver Professional 1.0」を発売したと発表した。同社のサイトでダウンロード販売する。

 Flashムービーファイルをツールに読み込ませ、設定項目に値を記入するだけでスクリーンセーバーを作成することができる。このため、Flashを使っているクリエイターはOSに依存する特殊な知識がなくてもスクリーンセーバーを簡単作成できる。作成したスクリーンセーバーをPCへインストールするためのインストーラーを作成する機能も搭載した。

 設定ダイアログの画面や、スクリーンセーバー、インストーラーなどのアイコン変更、スクリーンセーバーの終了条件の指定など詳細な設定も可能。価格はWindows用の「fla:ver Professional for Windows」、MacOS X用の「fla:ver Professional for MacOS X」が1万9800円。両OSに対応する「fla:ver Professional for Windows / MacOS X」は3万4800円。