ソニーと韓国のサムスン電子は7月14日、両社の液晶ディスプレイパネル製造会社S-LCD(韓国・忠清南道湯井)で、世界最大級となる第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルの製造ラインを共同で敷設する本契約を締結したと発表した。

 第8世代の液晶パネルはガラス基板サイズが約2200×2500mmで、50型クラスで6枚、46型クラスは8枚のパネル取りが可能。ソニーとサムスンでは第8世代パネルの製造ラインを稼動させることで、今後市場での拡大が予想される50型クラス液晶テレビ用パネルの生産体制を強化する。

 投資額は約2000億円で、2社で折半する。07年秋の量産稼動を目指し、生産能力は月産5万枚を予定している。ソニーとサムスンは今年4月に第8世代パネルの製造ライン導入で基本合意し、意思確認書を締結していた。