日本IBM(大歳卓麻社長)は7月13日、コネクトテクノロジーズ(加来徹也社長)と協業し、紙とインターネットのサイトなどのデジタル情報を連携させる技術「電子クリッピング・システム」を開発したと発表した。

 「電子クリッピング・システム」は、肉眼では見えない二次元バーコードを利用し、紙にデジタル情報を付加する技術。ブラックライトに反応するインクを用い、通常の印刷物の上に肉眼では見えない二次元バーコードを重ねて印刷。そのバーコードをブラックライトLEDを搭載した携帯電話などで撮影し、バーコードを抽出する。この技術と二次元バーコードを抽出可能な位置や大きさにレイアウトする技術を、日本IBMの東京基礎研究所が開発した。

 一方、コネクトテクノロジーズは、同研究所の画像処理・抽出技術を組み込んだ携帯電話向けアプリケーションの開発と、ブラックライトLEDを搭載した携帯電話端末のプロトタイプ製作を担当する。

 今後両社は、この技術を通信・メディア関連企業を中心に提供し、対応するインクや印刷システムの開発や携帯機器の設計支援を行う方針。さらに、ビジネスモデルのコンサルテーションから、パイロットによるビジネスや技術の検証、サービス・システムの構築までのソリューション提供を通じて、同システムの普及を図る。