デル(ジム・メリット社長)は7月13日、インターネットを使ってユーザーのPC画面をサポートスタッフが共有し遠隔操作で自社PCのテクニカルサポートを行うサービス「Dell Connect」を開始すると発表した。

 HDD空き容量の確認、プログラム起動の設定・選択状況など、PCのシステム構成の詳細を閲覧する「分析」、PC画面をサポートスタッフが参照し、ユーザーのPC画面上に説明用注釈、マーキングを行い、ガイダンスを実施する「ビュー(表示)」、PCのシステム構成の設定変更などをコントロールする「コントロール」を提供する。

 リモート操作は、すべての動作ごとでユーザーの承諾を得るため、サポートスタッフが勝手に操作ができない。セッションのログは暗号化・記録することで、ネット上への流出・読み取りを防止する。また、ユーザーはいつでも好きな時にセッションを切断することができる。

 サービス対象となるのは、個人・SOHO向けのデスクトップPC「Dimension」、ノートPC「Inspiron」、法人向けのデスクトップPC「Optiplex」、ノートPC「Latitude」とOS、アプリケーション、PC本体と同時購入した周辺機器。

 サービス開始日は、「Dimension」「Inspiron」が7月14日、「Optiplex」「Latitude」が7月21日。対応期間はPC本体の購入時に選択・設定されたサポート内容に準じる。「Dell Connect」使用による追加料金は発生しない。