ドコモ・システムズ(中津川丹社長)は、キャビネットやサーバーを設置するラックなどの電気錠を、携帯電話から管理・制御するソフトウェア「m@LINK?モバイルリンク?(モバイルリンク)」を7月13日に発売した。

 ドコモ・システムズ(中津川丹社長)は、キャビネットやサーバーを設置するラックなどの電気錠を、携帯電話から管理・制御するソフトウェア「m@LINK?モバイルリンク?(モバイルリンク)」を7月13日に発売した。

 「モバイルリンク」は、中央電子製ネットワークデバイス「ND-SV01」上で動作するもので、イトーキ製「ネットラインキャビネット」や中央電子製の「IP錠付ラック」「UIL(外付け電気錠)」の施錠・開錠の操作や状態確認などを、携帯電話を通じて簡単な操作で行うことができる。

 外出先など遠隔地から携帯電話を通じて電気錠の状態確認や制御が可能なため、スペアキーの悪用セキュリティ事故を未然に防止できる。キャビネットのこじ開けなどの不正な操作や、温度や電圧異常などを早期に発見し、携帯電話にエラー情報を通知する機能も盛り込んだ。

 販売は、「ND-SV01」とセットで行い、既存の電気錠製品に「モバイルリンク」をインストールした「ND-SV01」を接続するだけで、携帯電話による電気錠システムの構築が可能になる。外付けタイプの電気錠にも対応しており、電気錠の付いていないキャビネットやラックを使用している場合でも、初期導入費用を抑えてシステムを導入できる。

 価格は、ソフトウェア単体で100万円、「ネットラインキャビネット」との連携で約350万円から、「IP錠ラック」との連携で約350万円から、「UIL」との連携で約280万円から。いずれも工事費は別途必要。同社では、オフィスや書庫における重要書類の管理、サーバーラックの錠管理や環境監視などの用途を見込んでいる。利用可能な携帯電話は、NTTドコモのFOMA900iシリーズ以降の機種。