松下電器産業は7月12日、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵の液晶テレビ「VIERA(ビエラ) LX65シリーズ」で、32V型「TH-32LX65」と26V型「TH-26LX65」を9月1日に発売すると発表した。

 斜めから見ても正面から見る色との差が少なく、色が薄く見えないIPSアルファテクノロジ製の液晶パネル「IPSαパネル」を採用。上下左右178度の広視野角とともに、従来パネルよりも斜め上・下45度のコントラスト比の低下率を20%、正面から見たコントラストを10%向上させた。

 液晶テレビの弱点である、残像ボケを抑える機能も従来モデルに引き続き搭載。前後の映像フレームから新たにフレーム作成・補完する「フレームクリエーション」と映像フレーム間でバックライトの一部を順次消灯する「バックライトスキャン」を組み合わせることで、映像の静止時間を減らし、残像ボケを抑えた。

 また、HDMI端子を1系統装備し、HDMIケーブル1本でテレビやDVDレコーダー、ホームシアターシステムを結び、電源のオン・オフ、入力切り替えなどの機器間の制御をリモコン1つで操作できる「VIERA Link(ビエラリンク)」に対応。大きなボタンのリモコンや操作ガイドなど、使い勝手も追及した。

 価格はともにオープン。実勢価格は「TH-32LX65」が25万円前後、「TH-26LX65」は21万円前後の見込み。