三洋電機は、ポータブルDVDプレーヤー用ワンセグチューナー「DVF-DTV100」を8月21日に発売する。TV入力端子つきの同社製ポータブルDVDプレーヤー専用の外付けチューナーで、対象機種は、DVD-HP71T/-HP70T/-HP90T/-HP170/-HP62。価格は3万5700円。

 スイッチひとつで「ワンセグ」と「地上アナログ放送」の切り換えが可能な「ワンセグ&地上アナログWチューナー」を搭載。ワンセグ放送未対応地域でも地上アナログ放送を視聴でき、両方に対応するエリアでは、受信状況に応じて使い分けることができる。外部アンテナを接続できる「外部アンテナ入力端子」も備えた。

 ワンセグ受信時は、テレビ放送を小画面で見ながら番組表を表示できる「ピクチャー・イン・EPG(電子番組表)機能」や、音声を出さず、ヘッドホンなしで番組が楽しめる「字幕表示機能」、粗さを抑えた画像を視聴できる「画面サイズ2段階(フル/ノーマル)切換機能」などを利用できる。なお、データ放送、緊急警報放送の受信には対応していない。

 電源は、接続したDVDプレーヤー側からも供給可能。AC電源アダプター/バッテリーパック/カーアダプターの3電源で使用できる。本体サイズは幅75×高さ45×奥行き135mm、重さは約0.3kg。

 ワンセグは、地上デジタル放送波の1部分(ワンセグメント)を使用し、モバイル(移動体)機器でも受信しやすいよう設計されたサービス。家庭用の地上デジタル放送同様、ゴーストの発生や画像のブレがない安定した画像が受信でき、車の中や移動中・移動先でもクリアな映像で視聴できるのが特徴。今年4月から本放送を開始した。