MARSHAL(三原 修代表取締役)は、HDDケース製品の新ブランド「大判振舞シリーズ」第1弾として、クレードルスタンド対応の2.5インチHDDケースなど10製品を発売した。

 MARSHAL(三原 修代表取締役)は、HDDケース製品の新ブランド「大判振舞シリーズ」第1弾として、クレードルスタンド対応の2.5インチHDDケースなど10製品を発売した。

 価格の安さのみを訴求するHDDケースが多いなか、「大判振舞シリーズ」では、ユーザーの使い勝手の高さとデザイン性を追求。価格も標準的な水準に抑え、機能やデザインにそれぞれ特色のある製品を取り揃えた。

 なかでもユニークなのが、業界で初めて、HDDケースとパソコンとの接続に、クレードルスタンドを採用した2.5インチHDDケース「MAL-0125B」と「MAL-0125S」。クレードルスタンドとパソコンをUSBケーブルであらかじめ接続しておき、クレードルに本体を置くとパソコン接続できるしくみ。クレードル用とは別に、携帯用のUSBケーブルも添付する。

 ケースのデザインは、「香水瓶」をイメージ。電源を入れると本体とクレードルのブルーLEDが光る。ケースの上部には「ワンタッチボタン」を装備。ボタンを押すだけで添付のバックアップソフトが起動し、データがバックアップできる。カラーは、「MAL-0125B」がブラック、「MAL-0125S」がシルバー。

 このほか、軽量・コンパクトな2.5インチHDDケース「MAL-0225B」「MAL-0225S」「MAL-0225W」、HDDを斜め置きする、独特の形状のアクリル製スタンドを同梱した2ポートUSBハブ搭載3.5インチHDDケース「MAL-0135B」「MAL-0135S」、ネジ不要で簡単にHDDを組み込める3.5インチHDDケース「MAL-0235B」「MAL-0235S」「MAL-0235W」をラインアップする。バックアップ用の「ワンタッチボタン」は、「MAL-0235B/S/W」を除き、すべてのモデルに装備した。内蔵可能なHDDは、それぞれIDEインターフェイスの2.5インチまたは3.5インチハードディスク。

 価格は、2.5インチHDDケース「MAL-0125B」が2480円、「MAL-0225B」が1580円、3.5インチHDDケース「MAL-0135B」が3980円、「MAL-0235B」が2980円など。IDEやSATAの内蔵型HDDをUSB経由で外付けHDDにできる変換ケーブルなども発売する。

 HDDケースは、新規購入した内蔵型HDDや別のPCで利用していたHDDをケースに内蔵することで、USB接続の外付けHDDとして利用できるようにするもの。余ったHDDを有効活用できるほか、内蔵HDDとケースの組み合わせでは、場合によっては、通常の外付けHDDを購入するより安く済むといったメリットがある。

 同社では、今後もデザインや機能で差別化を図ったHDDケース・HDDケース関連製品を順次発売する計画。量販店などの店頭販売を重視し、まずは「大判振舞」のブランド認知を高めていきたい考え。