マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は7月10日、06年年内に発売を予定している次期Microsoft Office製品群「the 2007 Microsoft Office system」の日本での製品ラインアップを発表した。

 次期Office製品群は、これまでのラインアップに比べて、企業情報システム環境への導入を配慮した構成としたのが特徴。いくつかのソフトをまとめた統合ソフトウェア(スィート)は全6製品、個別アプリケーションは全17製品をラインアップし、ボリュームライセンスまたはパッケージソフトで提供する。

 ボリュームライセンスでは、新たに企業ユーザー向けに統合ソフトウェアの最上位版として「Microsoft Office Enterprise 2007」を追加。また、従来の「Microsoft Office Professional Enterprise Edition 2003」の後継製品に当たるバージョンを、「Microsoft Office Professional Plus 2007」に名称変更した。どちらもボリュームライセンスのみで提供する。

 「Office Enterprise 2007」は、「Office Professional Plus 2007」のすべての機能に加え、「Microsoft Office Groove 2007」「Microsoft Office OneNote 2007」を含み、コラボレーション機能やモバイル環境での利用を強化した最上位エディション。個人ユーザー向けにも「Office Enterprise 2007」とほぼ同等の機能を持つパッケージソフト「Microsoft Office Ultimate 2007」を新たに用意する。

 サーバー製品は、「Microsoft Office SharePoint Server 2007」など全6製品の構成で、コラボレーション、ECM(Enterprise Content Management)、BI(Business Intelligence)、EPM(Enterprise Project Management)といったさまざまなソリューションで要求される統合機能を備える。

 また、統合クライアントアクセスライセンスは全2製品とし、「2007 Office system」のサーバー製品の機能を利用するために必要な「クライアント アクセス ライセンス(CAL)」を一つにまとめた「Enterprise CAL」を新たに提供する。