ノバック(中島洋一代表取締役)は無料IP電話ソフト「Skype(スカイプ)」のビデオ通話機能を利用し、世界中から自宅のテレビ放送を視聴できる外付けのUSB接続テレビチューナー・ユニット「どこでもTV for Skype」を7月14日に発売すると発表した。価格は9800円。

 テレビアンテナをつないだユニットを自宅PCに接続、さらに外出先のPCからSkype経由で自宅PCのアカウントを呼び出すと、自宅PCで受信しているテレビを見ることができる。チャンネルの切り替えやCATVの視聴も可能で、視聴中にSkypeを使ったチャットやファイル転送なども行える。

 Skypeのプライバシー設定を使えば、自宅PCにアクセスできるユーザーを特定・制限できるほか、ほかのSkypeアカウントからの通話・着信を自動的に拒否することもできる。自宅PCの動作環境はOSがWindows XP、MCE2005、CPUは1.8GHz以上、メモリ128MB以上、インターフェイスはUSB2.0タイプA端子など。

 また同社では、USBメモリタイプのSkype用ヘッドセット「どこでもアクセス for Skype」を7月26日に発売する。価格は5980円。

 SkypeがインストールされたUSBメモリとイヤホンマイクで構成するもので、SkypeをインストールしていないPCでも、メモリを差し込むことで、Skypeで通話することができるのが特徴。接続するPCが変わっても利用できる。

 チャット履歴やブックマークしたチャット、発着信履歴などの記録や情報をメモリに保存することが可能。メモリとPC間でデータの同期することもできる。メモリ容量は128MB。空き領域は75MBで、このエリアを一般的なUSBメモリとして使うこともできる。

 動作環境はOSがWindows XP、2000、メモリ128MB以上、USB2.0など。