MCJ(高島勇二会長)とソフマップ(野口進社長)は、コラボレーションPC「LuvMachines Sofmap Edition」の夏モデル3機種を、ソフマップの店舗とオンラインショップ「ソフマップ・ドットコム」で発売したと発表した。

 マイクロタワータイプのエントリーモデル「LM-I3460SDOF」は、CPUに「Celeron D 346(3.06GHz)」を採用。512MB DDRメモリ、160GB HDD、2層書き込み対応16倍速DVDスーパーマルチドライブを搭載。価格は7万9800円。

 次期WindowsOS「Vista(ビスタ)」に移行が可能なエントリーモデル「LM-I8060SD」は、CPUに「Pentium D 805(2.66GHz)」を採用。512MB DDR2メモリ、シリアルATA 160GB HDD、2層書き込み対応16倍速DVDスーパーマルチドライブを搭載した。価格は7万9800円。

 「Vista」に移行が可能なハイパフォーマンスモデル「LM-I9325GT」は、CPUにインテル「Pentium D 930(3GHz)」を採用。1GB DDR2メモリ、シリアルATA 250GB HDD、2層書き込み対応16倍速DVDスーパーマルチドライブ、最新のオンライン3Dゲームにも対応可能な「nVIDIA GeForce 7600GTグラフィックカード」を搭載した。価格は12万9800円。

 全モデルともOSは「Microsoft Windows XP Home Edition SP2」。1年間の無償保証と365日24時間の電話サポート、携帯電話からアクセス可能なモバイルサポートも標準で付属する。