ソーテック(山田健介社長)は、4つの高音質スピーカーと17型ワイド液晶を搭載したソーテックダイレクト専用BTOノートPC「WinBook DN8000」の受注を7月6日から開始した。出荷は7月14日から順次開始する。

 ソーテック(山田健介社長)は、4つの高音質スピーカーと17型ワイド液晶を搭載したソーテックダイレクト専用BTOノートPC「WinBook DN8000」の受注を7月6日から開始した。出荷は7月14日から順次開始する。


 BTOに対応し、CPUにインテル Core Duoプロセッサ(T2300E/T2600)を搭載することができる。チップセットには、モバイル インテル 945GM Expressを採用。メモリはデュアルチャネル対応のDDR2メモリで、512MB/1GB/2GBから選択できる。ホットプラグ対応のExternal SATAポート、ExpressCardスロットなども装備した。

 ディスプレイは、解像度1440×900画素の17型ワイド輝き液晶を搭載。さらに、キーボード側面にΦ20mmの高音域ステレオスピーカー、手前側にはΦ16mmの低音域ステレオスピーカーの計4つのスピーカーを備え、「インテル ハイ・デフィニション・オーディオ」に対応した。

 直販価格は、Celeron M 420(1.66GHz)、メモリ512MB、HDD40GB、Windows XP Home Editionなどを搭載した最小構成の場合で11万9800円。BTOで、Core Duo T2300E/T2600 、無線LAN(インテル PRO/Wirelessネットワーク・コネクション)を選べば、インテル Centrino Duo モバイル・テクノロジーにも対応する。

 同時に、BTO対応の法人向けブランド「e-three」の新製品、12.1型液晶搭載のB5モバイルノートPC「e-three HS310」と、15型液晶搭載のスタンダードノートPC「e-three HA310」の受注も開始した。出荷は7月18日から順次開始する。

 2機種とも新たにセキュリティチップを搭載し、BTOによるカスタマイズに対応する。「e-three HS310」は最小構成時で約1.46kgと軽量なのも特徴。また光学ドライブは、非搭載、DVD-ROM&CD-RWドライブ、DVDスーパー・マルチドライブから選べる。

 直販価格は、Celeron M 380(1.60GHz)、メモリ256MB、HDD40GB、Windows XP Home Editionなどを搭載した最小構成の場合で「e-three HS310」が11万9800円、同様の仕様に加えCD-ROMドライブを搭載した「e-three HA310」が9万9800円。