アルプス社(池上充宏最高執行責任者)は7月6日、インターネットを利用して最新の地図情報を提供するASPサービス「ProAtlas MapExpress(プロアトラス マップ エクスプレス)」の提供を7月24日から開始すると発表した。

 サービスの地図は、マウスを使って見たい方向へ地図をスクロールできる「フリースクロール」に対応するほか、最寄り駅からのルート検索が行えるなど、さまざまな機能を使うことができる。地図はアルプス社が実験運用する地図情報投稿サイト「みんなでつくろうYahoo!地図情報」の更新データが反映されるため、常に最新の地図情報を利用することができる。

 さらに「ProAtlas MapExpress」で使用している各種API(Application Program Interface)を「APIコース」として同時に公開・提供。住所から緯度経度に変換する「ジオコードAPI」や最寄り駅からの「ルート検索API」などを、複雑なプログラミングをすることなく、簡単に地図情報コンテンツやアプリケーション開発などにカスタマイズして組み込むことができる。

 サービスメニューは、「スタンダードコース」「アドバンスコース」「プレミアムコース」と、APIのみ提供する「APIコース」の計4コース。「スタンダードコース」では、ユーザー自身が登録データの更新・変更・削除を簡単に行えるよう、専用の管理ツールを提供。地図配信をはじめ、地図の種類選択、地図上へのアイコン表示などの主要な機能が利用できる。

 「アドバンスコース」は、ユーザーのデータをアルプス社が受託し、検索機能を含めてユーザーのウェブサイトに地図を配信する。さらに「プレミアムコース」では、アドバンスコースのサービスに加え、検索機能を含めたカスタマイズを行う。4コースとも、パソコン、PDA、携帯電話など、端末を選ばず地図表示が行える。

 価格は、スタンダードコースが初期費用10万円、月額利用料3万円、アドバンスコースが初期費用50万円、月額利用料は30万円。プレミアムコースとAPIコースは個別見積もりで、APIコースの場合は、利用するAPIによって変動する。