日立製作所は7月6日、17型液晶を搭載したディスプレイ一体型デスクトップPC「Prius One typeS(AW31S1R)」を7月15日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は16-17万円の見込み。

 「AW31S1R」は4月に発売したディスプレイ一体型デスクトップPC「Prius One type S(AW33S1R)」の地上デジタルテレビチューナー機能を省いたモデル。液晶ディスプレイは解像度1280×1024dpi、約1619万色を表示することができる「ピュアカラー液晶」を搭載し、映像に艶を与え、液晶面を保護する「ラスターパネル」も備えた。

 CPUはCeleron M 380(1.60GHz)、メモリ512MB、HDDが320GBで、スロットインタイプの2層DVD±R対応のDVDスーパーマルチドライブも装備する。本体は奥行き19.8cmの薄型省スペース設計で、ワイヤレスキーボード・マウスを採用。利用シーンに応じて画面の向きを変えられる「チルト&スイーベル機構」も盛り込んだ。