アップルコンピュータ(アップル)は7月5日、教育市場向けに特別に設計した「iMac」を発売した。学生や教職員、教育関係者のみ購入できるモデルで、同社オンラインストアの「Apple Store for Education」、大学生協、アップル教育案件取扱法人を通じて販売する。価格は11万6000円。

 液晶一体型のシンプルなデザインを特徴とする「iMac」の17インチモデルをベースに、仕様を一部変更し、低価格化を図ったもの。15万9800円からの通常モデルに対し、4万3800円安い。

 通常モデル同様、17インチのワイドスクリーンLCDディスプレイと1.83GHzのIntel Core Duoプロセッサを搭載。また、本体にiSightビデオカメラを内蔵し、デジタルライフスタイル統合アプリケーション「iLife '06」を同梱する。ただし、通常モデルに標準で付属するリモコン「Apple Remote」はBTOオプションとなる。

 このほか、HDDを通常モデルの160GBから80GBに、光学ドライブをSuperDriveからCDの作成とDVDの再生が可能なコンボドライブ(DVD-ROM/CD-RW両用ドライブ)に変更。またグラフィックがオンボードになり、Bluetoothモジュールが省かれた。10/100/1000BASE-Tギガビット対応Ethernet、IEEE802.11g対応の無線LAN、USBポートの数などは同じ。

 今回の教育市場向け17インチiMacは、CRTディスプレイを搭載したアップル最後のモデル「eMac」の後継機。アップルでは「2インチと薄い液晶ディスプレイのなかに、CPUやHDDなどコンピュータのすべてを収めたiMacは、教室や学生寮などスペースに限りのある場所での利用に理想的」とコメントしている。