セイコーエプソン(花岡清二社長)は7月5日、ホコリやタバコの煙の進入を遮断する防塵設計の液晶プロジェクター「EMP-6100」をエプソン販売(真道昌良社長)を通じて7月下旬に発売すると発表した。

 セイコーエプソン(花岡清二社長)は7月5日、ホコリやタバコの煙の進入を遮断する防塵設計の液晶プロジェクター「EMP-6100」をエプソン販売(真道昌良社長)を通じて7月下旬に発売すると発表した。

 液晶パネル技術「3LCD」方式を採用した企業向けプロジェクター「エプソンオフィリオプロジェクター」の新モデル。冷却用の吸排気口を除き、本体すべてを覆う密閉構造を採用し、吸気口には大型の静電フィルタを装着することで、ホコリやタバコの煙の進入を遮断する。

 吸気フィルタには、従来のフィルタに比べ表面積が約19倍の大型タイプを採用。加えて、別売りでタバコの煙などさらに細かい粒子をカットするスモークフィルタも用意する。また、目詰まりによる吸気フィルタの清掃や交換時期を知らせる機能を搭載。突然の不具合の可能性を減らし、効率的なメンテナンスを可能にした。

 プロジェクターの仕様は、明るさが3500ルーメン、コントラストが比500:1、解像度がXGA(1024×768画素)で、レンズが投写倍率1.6倍ズームレンズ。主電源のオン・オフで投写を開始・終了できる「ダイレクトパワーオン/オフ」、複数台設置の時の色合わせが簡単にできる「マルチスクリーンカラーアジャストメント」などの機能をもつ。

 本体サイズは幅465×奥行き340×高さ146mm、重さは約7.0kg。外部スピーカーを接続しなくても音声が再生できるよう、出力5Wのアンプとスピーカーを本体に内蔵する。PCからプロジェクターを制御する「RS-232C」端子も装備した。また、ネットワーク接続されたプロジェクターを一元管理できるPCソフト「EMP Monitor」が付属する。

 税別価格は「EMP-6100」が64万8000円、3年の出張保守サービス付きの「EMP-6100HS」が74万8000円。出張保守サービスでは、万が一製品が故障した場合に、サービスエンジニアが直接訪問し、修理期間中の代替機や修理完了品の設置を行う。