ソースネクスト(松田憲幸社長)は7月3日、コーレル(下村慶一社長)と販売提携し、コーレルのグラフィックソフトの販売を開始すると発表した。

 第1弾としてコーレルのグラフィックソフト「Paint Shop Pro パーソナル」「Corel Painter Essentialsパーソナル」を7月21日、画像処理ソフト「Corel Paint Shop Pro Album パーソナル」を8月4日にソースネクストの「Qualityイチキュッパ」シリーズとして発売する。価格はそれぞれ1980円。

 このほか、「Paint Shop Pro パーソナル」と「Corel Painter Essentialsパーソナル」をセットにした「Paint Shop Pro パーソナル+Corel Painter Essentialsパーソナル」を7月21日に2970円、3製品すべてをパックにした「Corel Deluxe Pack」を8月4日に3970円で発売する。

 「Paint Shop Pro パーソナル」はコーレルが04年10月に発売したグラフィックソフト「Paint Shop Pro 9」のパッケージ名を変更した製品。プロ並みの写真修正技術と多彩な画像編集機能搭載が特徴となっている。

 「Corel Painter Essentials パーソナル」は03年10月に発売したグラフィックソフト「Corel Painter Essentials」のパッケージ名を変更したソフト。油彩、水彩、アクリル、クレヨン、エアブラシ、チョーク、鉛筆などの画材独自の表現を忠実に再現する機能などを搭載する。

 「Corel Paint Shop Pro Album パーソナル」は2004年6月に発売した画像処理ソフト「Paint Shop Photo Album 5 Deluxe」のパッケージ名を変更したソフト。画像の整理、修正、共有、保護などが行える。