アルプス社(池上充宏最高執行責任者)は6月28日、次世代地図の開発を目的にした実験サイト「ALPSLAB(アルプスラボ)」上で、ユーザーの意見を取り入れながら次世代地図のデザインを考えるプロジェクト「ALPSLAB design(アルプスラボデザイン)」を公開したと発表した。

 アルプス社(池上充宏最高執行責任者)は6月28日、次世代地図の開発を目的にした実験サイト「ALPSLAB(アルプスラボ)」上で、ユーザーの意見を取り入れながら次世代地図のデザインを考えるプロジェクト「ALPSLAB design(アルプスラボデザイン)」を公開したと発表した。

 同社は、「使いやすく見やすい地図」を第一に、次世代地図デザインの研究開発を行っており、今回のプロジェクトはその一環。「ALPSLAB design」では、アルプス社がテーマに沿った地図デザインを公開し、ユーザーからその地図に関する意見や感想など直接フィードバックを受けることで、次世代の地図デザインの創造を目指す。

 まずは、アルプス社のWeb地図で現在使われている「標準デザイン」を含め、「白地図」「お江戸地図」など、8種類の地図デザインを公開。ユーザーは、好みのデザインを選んで表示することができる。鉄道、道路、施設名など地図に表示する情報も自由に選ぶことが可能。さらに、通常は上に配置される地図の「北」を右の位置に設定するなど、地図の表示方位の指定もできる。

 利用は無料で、Web上での閲覧・表示のほか、表示範囲、A4、A3サイズのPDF形式で地図をダウンロードすることもできる。また、各地図のデザインに対してユーザーが「良い・悪い」を評価できる投票機能を設け、評価の高い順にランキング形式で表示し、人気のある地図デザインがひと目でわかるようにした。

 アルプス社では今後、地図デザインの種類を増やしていくと同時に、ユーザー自身が地図をデザインしてサイト上に公開する機能なども提供していく考え。