アイエヌエックスジャパン(inx、牧田惠美子社長)は、防水仕様のmicroSDカード「INX-MCSD(PN)」シリーズを6月29日から順次発売する。容量が128MB、256MB、512MBの3モデル。価格はすべてオープンで実勢価格は128MBが3000円前後の見込み。

 IPX7(JIS防水保護等級7相当)準拠の防水設計が特徴。転送速度は、microSDカードとしては最高クラスの毎秒12MB(理論値)。また、著作権保護機能「SDMI」に準拠し、「SDMI」に対応した機器で利用することができる。

 本体サイズは幅11.0×縦15.0×厚さ1.0mm、重さは約0.4g。microSDカードに対応した機器のほか、付属のminiSD変換アダプタ、SD変換アダプタを併用することで、デジタルカメラや携帯オーディオなどの各種SD対応機器でも使用できる。なお、1GBのmicroSDカードも今秋に発売する予定。

 microSDカードは、SDカードに比べ約4分の1のサイズと超小型のフラッシュメモリーカード。主に携帯電話などで利用され、各携帯キャリアから対応端末が販売され始めている。