エプソンダイレクト(山田明社長)は6月27日、光ディスクドライブ搭載で重さ約1.2kgと軽量でありながら堅牢性も確保したB5サイズのモバイルPC「Endeavor NA101」を7月上旬に発売すると発表した。また、ノートPCのオプションの「PCカード型ワンセグチューナー」7月中旬に発売する。いずれも、同社オンラインショップとコールセンターを通じて販売する。

 エプソンダイレクト(山田明社長)は6月27日、光ディスクドライブ搭載で重さ約1.2kgと軽量でありながら堅牢性も確保したB5サイズのモバイルPC「Endeavor NA101」を7月上旬に発売すると発表した。また、ノートPCのオプションの「PCカード型ワンセグチューナー」を、7月中旬に発売する。いずれも、同社オンラインショップとコールセンターを通じて販売する。

 「Endeavor NA101」は、150kgfの全面荷重試験をクリアした堅牢性の高いマグネシウム合金製ボディを採用。リチウムイオンの軽量バッテリ(5200mAh)搭載で約5.6時間、長時間バッテリ(13000mAh)搭載で最長約12.6時間駆動が可能。パームレストの表面にくぼみをつけるディンプル加工により、汗によるべとつきを防止したほか、指紋認証機能を標準で装備した。

 BTOに対応し、本体サイズは幅281×奥行き237×高さ32-35mm。色はグレーとシルバー。天面、液晶まわり、キーボード面がパールホワイトの「Endeavor NA101 White Edition」もある。

 「Endeavor NA101」の最小構成価格は12万9780円。ディスプレイが12.1型TFT XGA液晶ディスプレイ(1024×768画素)、CPUがインテル Celeron M プロセッサ超低電圧版423(1.06GHz)で、チップセットはモバイル インテル 945GMS Expressチップセット。OSはWindows XP Home Edition SP2、メモリは512MBで、HDDは40GB。コンボドライブを搭載する。

 また、新たなオプションとしてPCカード型のワンセグチューナーも追加する。価格は2万1000円。対応機種は、「Endeavor NA101」「Endeavor NA101 White Edition」「Endeavor NT2850」「Endeavor NT2850 White Edition」。