日本エイサーは、応答速度5msの22インチワイド液晶ディスプレイ「AL2216」を7月中旬に発売する。コストパフォーマンスを追求し、作業領域の広いWSXGA対応モデルながら低価格を実現した。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

 日本エイサーは、応答速度5msの22インチワイド液晶ディスプレイ「AL2216」を7月中旬に発売する。コストパフォーマンスを追求し、作業領域の広いWSXGA対応モデルながら低価格を実現した。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

 最大解像度WSXGA(1680×1050画素)に対応し、輝度300cd/m2、コントラスト比700:1、視野角水平170度/垂直160度のTFT液晶パネルを採用。応答速度はクラス最速の5msでゲームなど動きの早い映像も滑らかに表示する。また、安全・環境・エルゴノミクスに関する総合規格「TCO'03」に適合している。

 入力端子は、アナログRGBとデジタルDVI-Dを装備。本体サイズは幅513×高さ405×奥行き192mm、重さは4.8Kgで、AC電源を本体に内蔵する。カラーはブラックとシルバーの2色。なお、スピーカーは内蔵していない。