ピクセラ(藤岡浩社長)は、複数の番組を同時に視聴・録画できる「マルチチューナー機能」を搭載したMacintosh向けアナログテレビキャプチャーボックス「CaptyTV Universal(PIX-TV300-PUM)」を6月30日に発売する。価格はオープンで、同社オンラインショップ価格は2万2800円。

 ピクセラ(藤岡浩社長)は、複数の番組を同時に視聴・録画できる「マルチチューナー機能」を搭載したMacintosh向けアナログテレビキャプチャーボックス「CaptyTV Universal(PIX-TV300-PUM)」を6月30日に発売する。価格はオープンで、同社オンラインショップ価格は2万2800円。

 Mac向けテレビキャプチャー製品で初めてマルチ視聴・マルチ録画に対応した。製品を2台接続することで、裏番組の視聴・録画が可能になる。また、「10bit高画質ビデオデコーダー」の採用や本体基盤の集積化などで、従来より高画質化を図った。

 ソフト面では、マルチチューナー機能に対応したテレビ視聴・録画ソフト「StationTV Mac Edition」を新たに開発。インテル製CPUを搭載したMacでもネイティブに動作する「Universal版」で、携帯電話からの遠隔予約、8日間分の番組情報を一括取得するダウンロード型EPG「REC Station」を使った予約などにも対応した。iPod用ムービーファイル変換ソフト「monoConverte」をはじめ、動画編集やオーサリングなど添付ソフトも充実させた。

 本体は約10センチ四方の超小型サイズで、動作音の静かなファンレス設計。MacとはUSB2.0またはUSB1.1で接続する。対応機種は、PowerPC G4 800MHz以上、 PowerPC G5、Intel Coreプロセッサを搭載したMacintosh。対応OSは、Mac OS X v10.3.9、v10.4.2以降。