コニカミノルタビジネステクノロジーズ(コニカミノルタ、木谷彰男社長)は、SOHOや中堅・中小企業向けに、同社初のA4カラーレーザー複合機「magicolor(マジカラー) 2480MF」を7月上旬に発売する。税別価格は16万8000円。

 「magicolor 2480MF」は、プリント、コピー、スキャン、カメラダイレクトプリント機能を備えたカラーレーザー複合機。自動原稿送り装置(ADF)も含めた高さが531mmというクラス最小レベルのコンパクト設計と、カラー約14円、モノクロ約3円の低ランニングコストが特徴。さらに1枚に複数ページを割り付けてプリントしたり、オプションの「両面印刷機能」を活用することで、導入コスト・維持・管理コストも含めた経費削減が可能となる。

 印刷スピードはカラーが毎分5枚、モノクロが毎分20枚。また独自の重合法トナーと画像処理技術によって解像度2400×600dpiの高画質プリントを実現した。スキャン機能では、かすれやすい罫線も鮮明に読み取ることができ、同梱のソフト「PaperPort SE」を使うことで、スキャンした紙文書をPDFやJPEG形式でPCに取り込んでファイリングすることもできる。