日本サムスン(李昌烈<イ・チャンヨル>社長)は6月22日、スピーカー内蔵の21型ワイド液晶ディスプレイ「SyncMaster 215TW-R」を同社オンラインショップ「サムスンダイレクト」で発売した。価格は9万4800円。

 最大解像度WSXGA+(1680×1050ドット)に対応する液晶パネルを搭載。子画面を表示する「ピクチャーインピクチャー」や、画面を2分割で表示する「ピクチャーバイピクチャー」機能により、テレビとパソコンといった異なる映像を同時に表示することができる。さらに付属ソフトの「MagicRotation」を使用することで、90度回転のポートレート表示ができ、画面の向きは回転に合わせて自動的に切り替わる。輝度は300cd/m2、コントラスト比は1000 : 1、視野角は水平・垂直とも178度で、中間階調の応答速度は8ms。

 PC入力は、アナログ(ミニD-Sub15 ピン)とデジタル(DVI-D)の2系統、AV入力はコンポーネント、コンポジット、Sビデオ端子を装備した。スタンドは使用環境に合わせて、チルト(前方5度、後方15度)、スィーベル(左右310度)、高さ(上下100mm)などの調整が可能で、本体には1Wのステレオスピーカーを2基内蔵する。