NECは、世界最高水準の読み取り・照合精度をもつライン型指紋センサーを搭載した指紋認証ユニット「PU700-20」の販売を開始した。税別価格は2万9800円。出荷開始は8月1日の予定で、今後3年間で30万台の販売を見込んでいる。

 PCとUSB接続し、指紋による本人認証ができるようにするユニット。内蔵するライン型指紋センサーは、800dpiの高解像度とワイドな15mm幅の読取エリアをもち、指内散乱光直接方式で読み取るため、世界最高水準の読み取り精度を実現した。また、同センサー向けに独自の照合アルゴリズムを開発し、他人許容率0.00001%以下の照合精度も実現した。指紋のピッチ狭い子供の指や乾燥指、湿潤指など、読み取りにくい指紋にも対応できる。

 指紋認証ユニット本体は、胸ポケットにも入る薄型サイズ。高さ12×幅50×奥行き80mm。手に持って利用する際のフィット感を考慮し、指の動きに合う曲面を採用することで扱いやすくした。またユニット本体で特徴抽出などの処理を行い、指紋データを暗号化した状態でPCへ送信して認証する方式を用いることで、指紋の画像情報が外部に流出する心配のない高いセキュリティを確保した。対応OSは、Windows 2000 Professional/XP Professional。

 指紋認証ユニット内部に指紋情報を登録し、ユニットだけを持ち歩いて利用したり、サーバーで指紋情報を管理し数十万人で利用する大規模用途まで、柔軟なシステム構成が可能。同社ではこうした多様な環境での使用に向け、指紋認証ソフト「指紋認証ユーティリティ」(税別6000円から)と「指紋認証開発キット」(税別30万円から)も同時発売する。