九十九電機(鈴木淳一社長)は、同社オリジナルPC「eX.computer(イーエックスコンピュータ)」の主力シリーズ、「Aero Stream(エアロ ストリーム)」の新モデル3機種を6月21日から順次発売する。販売店舗は、九十九電機と石丸電気の計16店舗とツクモネットショップ、石丸電気ショッピングサイト。

 いずれもBTOに対応しており、ベースモデルをもとに、自由にカスタマイズできる。本体色は、「ブラック×クロムシルバー」と「オフホワイト×ダークシルバー」の2色。

 ラインアップとベースモデルの価格は、AMD Athlon 64 プロセッサ 3800+(2.4GHz)、NVIDIA GeForce 6150チップセットを採用し、Micro ATX対応の「B31A-6330A」が8万4800円、インテル Pentium D プロセッサ 940(3.20GHz)、インテル P965 Expressチップセットを採用した「B30J-6350D」が11万9800円、AMD Athlon 64×2プロセッサ3800+(2.0GHz)、NVIDIA nForce 550チップセットを採用した「B30J-6360X」が12万9800円。モニタ、キーボード、マウスは別売り。

 「B30J-6350D」は、6月6日発表の最新チップセット「インテル P965 Express」を搭載したマザーボードを採用。メモリの利用状況を監視しメモリアクセス性能を向上する「FastMemory Accessテクノロジ」や、CPU温度の状況を予測しファン回転数を調整することでノイズを抑える「Quiet Systemテクノロジ」などを搭載する。一方、「B30J-6350D」と「B30J-6360X」は、3Dゲームや動画編集などに最適なファンレス仕様のNVIDIA製グラフィックカード「GeForce 7600GS」を標準で搭載する。

 きょう体は従来のAero Streamシリーズ同様、マシン内のエアフローに重点をおいて開発・設計したオリジナル設計。シャーシ前後に大口径120mmファンを装備するほか、ワンタッチで着脱できる防塵フィルターを備える。