インタービデオジャパン(田中俊輔社長)は、次世代DVDの再生に対応したDVDプレーヤーソフト「WinDVD 8 Platinum」を6月30日に発売する。価格は通常版が1万3440円、アップグレード/乗り換え版が1万290円。

 次世代DVDのBlu-rayディスク(BD)、HD DVDディスクの再生に対応した最新版。市販のディスクだけではなく、HDV1080iでのハイビジョン撮影が可能なデジタルビデオカメラから録画されたBDや、ユーリードシステムズのハイビジョン対応ビデオ編集ソフト「DVD MovieWriter 5」で作成したHDD上のHD DVDフォルダやMPEG2 HDも再生できる。

 HD DVD、Blu-rayの映像コーデックとして採用されているH.264/MPEG4 AVCに対応するほか、CPRMで記録されたディスクやPC上のDVDフォルダ、DivX、DVD-Audio、WMV HD、AACファイル、VRフォーマットのDVD-Rの再生も可能。このほか、家庭内ネットワーク上の映像コンテンツにアクセスし、WinDVDで再生できる「UPnPクライアント機能」や、アスペクト比16:9のワイド画面と4:3の通常画面を切り替える際、自然なサイズで表示する「Smart Stretch(スマートストレッチ)」機能などを備える。

 画質面では、画質向上技術の「アドバンストTrimension DNM」や低CPU負荷のシネマティックモードを搭載。音質面では、次世代DVDなどで採用されているDolby Digital EX、DTS-ES、Dolby Pro Logicll、Dolby Digital+、DTS-HDなどの音声コーデックをサポートした。

 なおソフトは、主にDVDを再生する「WinDVD」と、BDに対応した「WinDVD BD」、HD DVDディスクに対応した「WinDVD HD」で構成しており、「WinDVD BD」「WinDVD HD」を一台のPCに同時にインストールすることはできない。対応OSはWindows XP。