松下電器産業は、SDメモリーカードの新規格「SDHCメモリーカード」に対応するCardBus接続のPCカードアダプタ「BN-SDDBP3」とUSB2.0対応リーダライタ「BN-SDCJP3」を7月22日に発売する。価格はオープンで、実勢価格はいずれも5000円前後の見込み。

 松下電器産業は、SDメモリーカードの新規格「SDHCメモリーカード」に対応するCardBus接続のPCカードアダプタ「BN-SDDBP3」とUSB2.0対応リーダライタ「BN-SDCJP3」を7月22日に発売する。価格はオープンで、実勢価格はいずれも5000円前後の見込み。

 両製品とも、同社が7月に発売する容量4GBの「SDHCメモリーカード」の読み書きに対応。従来のSDメモリーカード、miniSDカードも使用でき、SDHCメモリーカード、SDメモリカード、miniSDカードで著作権保護されたデジタルコンテンツの書き込み、書き換えにも対応する。

 「BN-SDDBP3」は、ノートパソコンのPCカードスロットに装着し、データのの読み書きができるカードアダプタ。同社のSDメモリーカード「PRO HIGH SPEEDシリーズ」と組み合わせて使用することで、毎秒20MB秒の高速データ転送が可能になる。

 「BN-SDCJP3」は、パソコンとUSBで接続するSD専用のリーダライタで、SDメモリーカード用とminiSD用の2つのスロットを装備し、変換アダプタを使うことなく、miniSDカードを直接使うことができる。またUSB2.0に対応し、従来機種に比べて読み出しで約1.6倍となる毎秒12MBの高速転送を実現した。