日本ビクターは6月19日、フルハイビジョン(フルHD)に対応したD-ILAホームシアタープロジェクションヘッド「DLA-HD10KS/HD10K」を7月1日に発売すると発表した。

 日本ビクターは6月19日、フルハイビジョン(フルHD)に対応したD-ILAホームシアタープロジェクションヘッド「DLA-HD10KS/HD10K」を7月1日に発売すると発表した。

 05年末に発売したD-ILAホームシアタープロジェクションシステム「DLA-HD11K/HD11KL、HD12K/HD12KL」を構成する投写部(プロジェクションヘッド部)と信号処理をするプロセッサー部の2つのユニットのうち、プロジェクションヘッド部を単品発売するもの。

 ヘッド部と1080p出力対応機器やプロセッサーと接続することで、1920×1080画素の解像度でハイビジョン映像を大画面に投写することができる。独自開発の反射型液晶「0.8型フルハイビジョンD-ILAデバイス」を3枚を搭載し、格子縞の目立たない滑らかな画質を再現できるほか、新開発光学系と新ランプにより、一般的なハイビジョンテレビを上回る高い色再現域を確保した。明るさは600ルーメン、コントラスト比は2500:1。本体サイズは幅513×高さ193.7×奥行き558.5mm、重さ17kg。

 価格はともにオープン。実勢価格は、スタンダードズームレンズを搭載した「DLA-HD10KS」、ロングズームレンズを搭載した「DLA-HD10K」ともに144万円前後の見込み。100インチのスクリーンの場合、スタンダードズームレンズでは約3.29-4.64m、ロングズームレンズでは4.34-8.30mの投写範囲がカバーできる。

 今回の単品販売について同社では、「ハイビジョンの1080P信号へのアップコンバート出力機能を備えたDVD機器やアンプなどの商品が各社から発売され始め、プロセッサー部を除いたプロジェクションヘッド部のみの単品発売の要望が数多く寄せられるようになってきたため」としている。