日立製作所は6月15日、富士通日立プラズマディスプレイ(FHP、井本義之社長)の開発設計と調達、管理部門を10月に統合すると発表した。パネルから最終製品となるテレビの製造まで手がけることでプラズマテレビ事業を強化し、市場競争力のある経営体制を目指す。

 日立は4月に富士通(黒川博昭社長)からFHPの株式を取得し、同社を連結子会社として経営の一元化を進めていた。同時に、神奈川県川崎市高津区にある開発拠点を横浜市戸塚区に移転。薄型テレビ開発部門に集約することでPDPテレビ事業の垂直統合効果を発揮する体制を整えてきた。

 FHPは開発設計部門などを日立に統合した後は、製造会社として、コストや品質などのマネジメントを徹底する計画。