プリンストンテクノロジー(池田譲治社長)は、パソコンから離れた場所からプレゼンテーションができるワイヤレスプレゼンポインタ「PTW-PR」を6月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は8900円前後の見込み。

 プレゼンポインタ本体とUSB接続の小型レシーバーのセットで、レシーバーをパソコンのUSBポートに接続して使用する。プレゼンポインタ本体にPowerPointのプレゼンテーション機能を操作できるジョグダイヤルとボタンを搭載。スライドショーの実行やページ送り・戻しなどの操作をワイヤレスで行える。

 相互通信に2.4GHz帯の電波を使用しているため障害物に強く、レシーバーから最大約30メートル離れた場所から操作することが可能。カーソルの操作や左右クリックなどが手元で操作できる「ワイヤレスマウス機能」、離れた位置からレーザーで直接スクリーンを指し示すことができる「レーザーポインタ機能」も搭載する。ビーム到達距離は約40メートル。

 USBレシーバーは、ドライバをインストールすることなく、パソコンに接続するだけで自動的に認識、利用できる。対応OSはWindows XP/2000/Me/98SE。