セブン&アイ・ホールディングス(鈴木敏文会長)は5月19日、同社が07年春から始める非接触ICチップを搭載した電子マネーの名称を「nanaco(ナナコ)」に決定したと発表した。また秋から傘下のセブンイレブン店舗に導入する新型POS(販売時点情報管理)レジに世界で初めてマルチリーダ/ライタを搭載する。

 「nanaco」はプリペイド方式の電子マネーでセブンイレブンの店頭で発行。初年度で1000万枚の発行枚数を予定している。キャラクターにはキリンを採用した。チャージ(入金)はセブンイレブンの店頭レジのほか、セブン銀行が導入する新型ATMでも行えるようにする。

 ポイントサービス機能も搭載しており、買い物でためたポイントを電子マネーに交換することが可能。ポイントサービスはセブンイレブン全店から始め、07年秋以降グループ会社にも広げる。グループ以外の企業との連携も進め、他社のポイントサービスを「nanaco」に交換できるサービスも07年以降順次始める。

 電子マネーサービスは当初セブンイレブン全店で開始する。07年秋からはイトーヨーカドーなどのグループ店舗でも利用可能になる。また、JCBと提携し、07年度にはJCB加盟店の1万店以上でも利用できるよう利用店舗を拡大する。

 一方、セブンイレブンが導入する新型POSは松下電器産業製のマルチリーダ/ライタを搭載することで複数の電子マネーサービスに対応する。提携するJCBの携帯電話クレジットサービス「QUICPay(クイックペイ)」をはじめ、今後はJR東日本の「Suica(スイカ)」やNTTドコモの「iD(アイディー)」、ビットワレットの「Edy(エディ)」などの電子マネーの決済やチャージが行えるよう各社と交渉を進める。また、「nanaco」開始後の早い段階で決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」も利用できるようにする方針。