東芝松下ディスプレイテクノロジー(TMDisplay、藤田勝治社長)は4月13日、世界最薄・最軽量となるノートPC用の12.1型ワイド液晶ディスプレイを開発したと発表した。

 ディスプレイのサイズは横270.5×縦180.0mm×厚さ4.50mmで、輝度は300cd/m2。世界最薄となる厚さが0.2mmのガラス基板と薄型LEDバックライトを組み合わせることで、最薄部の厚さが従来品の約半分となる2.9mm、重さが約32%減の183gを実現した。

 画素数は1280×800で表示画面のアスペクト比はTV用ディスプレイにも適する16:10(WXGA)にした。DVDやTVなどの動画コンテンツをモバイル環境で楽しみたいというニーズに応える。